ある失敗から誕生した歴史
沿革

ある失敗から誕生した歴史

イノベーションと好奇心、そしてすべての人に喜んでいただけるグリル作りへの飽くなき情熱。それがWeberのストーリーです。さあ、肩の力を抜いて、ハンバーガーを片手に、グリル革命が起こった約70年前のあの日に遡りましょう。

初代Weber Kettleグリルの試作品 - チャコール&ガスグリルの沿革

ひらめきはブイから

すべては、ステーキをもっと美味しく焼きたいという探究心から始まりました。1950年代には、レンガを積み上げて作るグリルが人気を集めていました。そこでジョージ・スティーブンも、自分でグリルを作ってみることにしたのです。グリルができあがると、彼は早速友人をバーベキューに招待しました。ところが、ステーキは丸焦げになってしまいました。このバーベキューの失敗が、「もっと良い方法があるはずだ」とジョージが考えるきっかけになったのです。

オリジナル グリルマスター

当時、幸運にも、ジョージの本職はWeber Brothers Metal Worksで半球を溶接してブイを作ることでした。金属工房での仕事に精通していたジョージは、バーベキューの失敗をきっかけに、あることを思いつきました。作業場の半球を一つ手に取り、これに脚を付け、底に通気孔を開け、上に蓋を付けたのです。これが、Weberを象徴するKettleグリルが誕生した瞬間でした。

ジョージが発明したグリル第1号はその後何年もかけて進化を続け、業界で最も信頼されるグリルへと成長しました。ステーキを焦がすという失敗、そして可能性を探究する意欲のある一人の男の存在から、すべてが始まったのです。

赤いWeber Kettleグリルの横に立つタキシード姿のWeber創業者、ジョージ・スティーブン(1985年) - チャコール&ガスグリルの沿革

情熱から生まれた製品たち

Weberがグリルブランドとして名を成し、信頼を勝ち取るまでには、実にさまざまなことがありました。ガスグリル、チャコールグリル、ウッドペレットグリル、電気グリル、スマートグリルを誕生させるたびに、Weberは業界に変革をもたらしてきました。その歴史をご覧ください。

バーベキューだけではないグリルの魅力を世界へ
理想のステーキを目指して

バーベキューだけではないグリルの魅力を世界へ



次世代の革新

長い年月を経た今もなお、Weberは想像を超えた方法でグリル体験を進化させています。以下で、Weberの最新のイノベーションをご覧ください。

グリルの未来

グリルの未来

Weberのイノベーションへの渇望は、満たされることがありません。お客様がこの文章を読んでいるこの瞬間にも、私たちは次世代のために新しいグリルの可能性を模索しています。常に創意工夫を重ね、常に改善方法を探究する。これまでも、そしてこれからも、それがWeberのやり方です。