WEBERの歴史

1952

ブイから生まれた

weber original kettle image

1952年、シカゴ郊外のパラタインで1人の若い家庭的な男性、
ジョージ・スティーブンがWeber Brosという海洋ブイ工場で
働いて生計を立てていました。仕事熱心なジョージでしたが、
心から情熱を持っていたのは自宅でのバーベキューでした。
彼は家族や友人のためにもっと素晴らしいバーベキュー体験を
生み出そうと新しいアイディアを試すことに情熱をかけていました。
しかし、彼はグリルのコントロールできない燃え上がりに悩んで
いました。この悩みから新しいバーベキューのアイディアが
生まれました。ある日、ジョージは仕事場で海洋ブイを2つに
切り、世界初のケトルグリルを生み出しました。

多くの人はジョージ・スティーブンの一風変わった「蓋つき
バーベキューグリル」発明に興味津々でした。そこで作った
料理を一度味わうと、全員が虜になりました。
ジョージ・スティーブンは無意識のうちにバーベキューの
革命を起こしていました。その革命は、私たちが今日知る
現代のバーベキュー文化の決定的な役割を果たしたのです。

George Stephen



ケトル生みの親、
ジョージ・スティーブン

グリルマスターであり、発明家であり、12人の子供の父親でもあった。ジョージはBBQに多大な愛情と情熱を注いでいた

WATCH THE WEBER STORY

Video Preview
WEBER 101 HISTORY