android apple arrow cart-big-outline cart-full check chef-hat all-grid bullseye lightbulb circle-medium circle-small clock download download enlarge facebook instagram magnifier menu-arrow-down pointer printer share star twitter user-simple youtube

適切なナイフを選ぶ

charcoal grill image

上手にグリルをするには、よいナイフセットが必要です。 それぞれのナイフの値段はさほど重要ではありません。問題はどれくらい手に馴染むかです。 握ってもしっくりしないナイフは、いくらだったとしても、引き出しやナイフ置きに置かれっぱなしになってしまいます。 値段には関わらず持ちやすいナイフは使いやすく、特に用途に合ったナイフは使い心地がよくなっています。

(上から下までの写真)

  1. シャープニングロッド:この特別な金属の棒は、ナイフの刃の端を研ぎ、再調整します。
  2. のこぎり歯状のナイフ:このぎざぎざの刃は皮が堅いパン、柔らかい野菜、肉を切るのに適しています。
  3. 牛刀:これは最も重要なナイフで、スライス、角切り、肉の切り分けなどができ、ほとんど万能です。
  4. 三徳包丁:手が小さい人のための使いやすい汎用ナイフです。刃に沿って楕円の穴が開いていると摩擦を軽減し、食品が刃にくっつきづらくなります。
  5. ボーニングナイフ:薄い、やや柔軟な刃が特徴で、骨のきわや狭い場所で簡単に動かすことができます。
  6. 果物ナイフ:特に野菜の皮むき、トリミング、みじん切りに便利な短いナイフです。