Weberグリル方法

チャコールグリル調理

蓋なしで調理をすると、食材からの風味や香りが全て空へと蒸発してしまいます。Weber流調理法は蓋を閉じて行います。オーブンと同様、熱が均等に循環し、食材の中心温度まで調節が楽にできるので食材を焦がすことや生焼け状態になることはありません。


直火調理/グリル

小さめサイズの食材や調理時間20分以内に適しています。

  • 蓋と本体の調整弁を開ける。
  • 火起こしをした炭を炭用網に流し込む。
  • 調理用の焼き網を乗せ、食材を炭の真上に来るように置く。
ヒント: グリルの温度が高くなりすぎる場合は、蓋の調整弁を少し閉めます。

 


間接調理/ロースト・ベイク

熱を循環させ、20分以上かかるローストやパンやケーキに最適です。

  • 蓋と本体の調整弁を開ける。
  • 火起こしをした炭を炭用網の両端に配置。
  • ドリップパンに少量の水を入れ、炭用網の真ん中に配置。
  • 調理用の焼き網を乗せ、食材を炭の真上に来るように置く。
調理用の焼き網を乗せ、食材を炭の真上に来るように置く。

 

ガスグリル調理

蓋を閉じて調理を行うことで熱が均等に循環し、食材の中心温度まで調節が楽にできるので食材を焦がすことや生焼け状態になることはありません。蓋なしよりも時短で調理ができ、食材の風味と香りも凝縮されます。


直火調理/グリル

小さめサイズの食材や調理時間20分以内に適しています。

  • グリルを点火:Qグリルの場合はダイヤルをオンにし、左側の点火ボタンを押す。大型グリルの場合は全バーナーをオンにし点火ボタンを押す。
  • 最大火力のまま10分から15分間予熱。
  • 食材を直接焼き網の上に乗せ、蓋を閉じる。

 


間接調理/ロースト・ベイク

オーブン同様の効果があります。20分以上かかるローストやパンやケーキに最適です。

  • グリルを点火: Qグリルの場合はダイヤルをオンにし、左側の点火ボタンを押す。大型グリルの場合は全バーナーをオンにし点火ボタンを押す。
  • 最大火力のまま10分から15分間予熱。
  • 間接調理の方法: Qグリルの場合はロースティングラック、ロースティングシールドを活用する。大型グリルの場合は真ん中のバーナーのみを消し、その上に食材を置く。
  • 他のバーナーを中火にし温度を下げて蓋を閉じる(大型グリルの場合)。

チャコールグリルで燻製

チャコールグリルでの燻製は簡単です。間接調理の延長線上だと考えてください。

  • ラピッドチムニースターターの1/3まで炭を入れる。
  • 炭全てに火が点いたら、炭用網の片側に炭を流し込み、反対側にドリップパンを配置。(炭をチャコールバスケットに入れてもOK。密接するためより長く燃焼する)
  • ドリップパンに2-3カップの水を入れる。水は温度を低く保つ役目を果たす上、食材を保湿する効果もある。
  • 30分から1時間は放置しておき、温度を調節。
  • 濡らしたウッドチップを直接炭の上に置く。
  • 炭網用の上に設置した調理用の焼き網(ドリップパンの真上)に食材を乗せ、グリル開始。温度調節のため、毎時間炭を追加することを想定。